likebox

湘南元気村ホームページ

湘南元気村ホームページ

すごい桑茶お試し下さい!
「血糖値が高めですねぇ・・・甘い物控えましょうか。」 
そんなお医者さんの通告に肩を落としていませんか?
     無料サンプル請求
 桑茶無料サンプル請求
 【血糖値上昇中!?】
そんな方に試してほしいのがこちら
今注目の「桑」のお茶ですが、元気村の桑茶はただの桑茶ではありません!そんな桑茶の5つの秘密

すごい歯磨き粉
     お試し下さい!
   今お使いの歯磨き粉に少しでも疑問を感じたら、こちらの歯磨き粉をお試し下さい!     
      無料サンプル請求
歯磨き粉無料サンプル請求
歯磨き粉は口に入れた時から体内への吸収が始まります。人工の研磨剤・発泡剤・香料などを不使用。口の健康の為に創られた歯磨き粉です!        

記事の更新通知を受け取る

タグクラウド

紫外線にも種類が色々

2013年8月4日

20080612_himawari2_w800

 

先回のお話をざっと振り返ると
まず、太陽光には目に見える可視光線と、
目に見えない紫外線、赤外線があり、
紫外線は波長が短くエネルギーが高いので体にダメージを与えるという
お話でした。

→曇っていても日焼けするの?


そして紫外線は目に見える可視光線や暖かさを感じる赤外線と違い
人間の五感では感知できない波長のため
見えたり感じたりしていない、曇りの日でも
紫外線を浴びてしまっている。


というお話でしたよね。


実はこの紫外線。
紫外線の中でもまた3つに種類がわかれます。
より可視光線に近い波長の方から
A波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)と続きます。


波長が短ければ短いほど、エネルギーが高い波長となり
その分人体への影響も強くなります。
しかしその反面、オゾン層でカットされやすくなります。


実際エネルギーの一番高いC波は
そのほとんどがオゾン層によりカットされ、地上には届きません。
また紫外線よりさらに波長が短いX線やガンマ線なども
オゾン層によりカットされて守られています。


地上に降り注ぐ紫外線の95%は
オゾン層も雲も透過する波長の長いA波です。
そして残りの5%程度がB波。


A波は年中降り注いでいることから生活紫外線とも呼ばれます。
それ自体のエネルギーは弱くても照射量が多く
浸透力が高いので肌へのダメージを無視することはできません。


肌は外側を覆う表皮と、その下に真皮とがあり
表皮は外側を覆い、肌を外部からの異物の侵入を防いだり
水分の蒸発を防いだりしてくれています。
その下の真皮が肌の本体とも言える部分で、コラーゲンやヒアルロン酸を
豊富に含み、皮膚を支え肌の弾力を維持する部分でもあります。


紫外線A波は浸透力が高く、20%以上が肌の表皮から真皮まで
到達すると言われています。
すると皮膚の本体に損傷を与え、
長期的にはシワやたるみの原因になったり肌の老化現象を引き起こします。


なのでそのような紫外線による細胞の損傷などを防ぐために
体がメラニン色素を合成して紫外線から肌を守ろうとします。
これが黒い日焼け(サンタン)の原因です。


そしてB波は、浸透力はA派に比べると弱く
オゾン層や大気、雲等によって吸収されるため
照射量は少ないですが、その分エネルギーが強いので
体へ与えるダメージは大きいです。


真皮まで届くことはないですが、表皮への影響が大きく
細胞を損傷させ炎症を起こしたりして、
真っ赤に腫れる激しい日焼け(サンバーン)や
シミ、皮膚がんの原因になったりします。


主に海水浴や登山など、レジャーの時に多く浴びやすい紫外線として
レジャー紫外線とも呼ばれています。


なので紫外線対策と一言で言っても
このA波とB波の特徴をしっかり把握して対策を取る必要があります。


ここまでわかれば、紫外線についての基礎知識はバッチリです。
では次回は紫外線対策について
お話して行きたいと思います。

関連記事

PAGE TOP
Copyright(c) 2013 元気村村長の心・食・体ブログ All Rights Reserved.